enishi_mikipon

記事一覧(119)

恩人の3回忌に。

東京いた頃お世話になった会社の社長がまだ50代半ばで急逝して2年。同じ会社にいたご主人と電話。一人暮らしとなってから闘病されている。『この頃歩くとこけるので杖が手離せなくなってね。24時間見守あるし一日に一回はヘルパー訪看さんが来てくれるので助かるんだけどね。でも外に出るの怖いんだよ』驚いたのは次の内容だった。『メールもね、来たのはわかるし文字打てるんだけど、送り方が分かんなくなって。どうだったっけ?PCはウイルス入っちゃってあけてないんだよ』私がお世話になってた頃のご主人はとにかくアグレッシブで。企画書の出来の美しさ見やすさはすごくて反面短気なところがあってイラっとするとキーボードに当たったり(笑)麺類が好きで昼食にパスタ作ってもらったり。社長である奥様はいつもご主人のことを気にかけていてご主人がオーバーヒートした時は自分のタスクより先に処理をこなし自分のことは全て後回しに頑張る方だった。ご主人はただ甘えて、時々吠えて(笑) そのバランスが私には不思議だったけど二人にとってはそれが良好だったんだな。今、誰かがずっと寄り添っていない毎日で昔はバリバリ働けたのにメールが返せない自分が歯痒かったのだろう。10日前に送ったメールにはちゃんと私の元に返信が来てたことと再度返信の仕方を少し話した。少ししてメールやスタンプが送られてきた。いくつもいくつも。 届いた?ほんとう。よかった。また宜しくお願いします。 と。奥さまはきっとしっかりしなさいよ~っておっしゃってるのでは~?と言うと
うん、言ってると思う。 と。 コロナ渦で東京に行くことは今は叶わないけれど落ち着いたら逢いに行きますね。M子さん本当にお世話になりました。今日はずっと思い出していましたよ・・・もう一度女子だけでお泊りしたかったです・・・